Nurseglove



開場

当日朝。

前夜の誕生日パーティーで乱れた結果、結構な仕事が残った。

昼の開場まではみっちり作業。
時々、ちらっと不安がよぎる。

人、ほんとに来るんだろうか。

会場や運搬等々、結構な出費もしてきた。
ボランティアスタッフにも沢山仕事をしてもらった。
これで、人がこなかった、、、じゃ話にならんだろうと。

前夜にもそんな話をしていた。
「結局、ネットのアクセス数からは来場者なんか良そうできないよね、、」
「ネットの反響を考えたら二週間で5000人位を期待、実際に来ないとがっかりするから、2000人くらいをかんがえておこうよ、、」
そんな感じが我々スタッフのだした結論。

当日。

会場近くになったら凄い行列。
びっくりした。

すいている時にはこんな感じ。

込んでる時はギッチギチ。
連休中の陽気の良さも手伝って、予想を大きく上回る来場者数に、会場内の空気は酸欠気味に。
あわてて、どデカイ扇風機を3台買い付け設置。
とにかく、会場前ののんきな気分ははどこへやら、そんな感じ。

会場前は、ロボ以外の展示物が少ないのでは、、とか。
お客さんの数みて、必要だったら展示物の説明をつけよう、、とか。
あけてみれば、過去の展示ブースは、ロボの待ちスペース状態。
ゆっくりと見るような場所は無い。
嬉しいやらかなしいやら。

地下のスタッフ部屋。
超汚い。
男9:女1のスタッフ比率の賜物。
おっさん部屋。

色んな人が差し入れを下さった!
比率は食べ物2、酒3、ドリンク剤5。
ドリンク剤の過剰供給に「どうすんだ、、、」と思いつつも、結局全部飲んだ。

酒はビールに焼酎、ワインに養命酒。
なんでもあって、スタッフは飲みたい時に飲む。
自分も、会期中半分は酔っ払ってた。

実際の会場は、、、

過去作品、小物から、、

マックとか、、
サイトに載ってるやつはほとんど展示してみた。

過去展示物スペースはこんな雰囲気、
写真は打ち合わせの写真だけど。

ここからロボスペースに行くと、、

順路は背中から。

足元通って、、

正面へ。

作っていて、背中がやたらかっこよかったので、最初のインパクトとして順路を後ろからにしてみた。
ついでに、大きさを感じるのが一番面白いと思ったので、ロボの周りに囲い無しで触れる距離を順路に組み込む。
実は、、手前の作品スペースは比較的でデリケートなものが多かったので、”お手を触れないでください”だったんだけど、ロボには書かなかった。
大人の事情で、写真撮影は禁止になったけど。

でも皆様意外と触らないもんだ。
本当は、大きさと鉄の重さと感触、全部を楽しんでもらいたかったんだけど、、、
時際には危険もあるし、触っていいよ!とアナウンスする事は無かったので、こっそり触った人だけの特典って感じ。

続きを読む。


戻る

yy