根性試し
1/1スコープドッグ


作り始め

たしか2月後半から3月あたり。
なんとなく真ん中から作り始める

人が入れるかも確かめたいし、簡単そうだしね。

やることは叩いて曲げてくっつける。
基本はこんだけ、多分プラモとおんなじ。
ちなみに鉄板厚は3.2ミリ、これより厚いと重くてかったるい。
薄けりゃ薄いで溶接すると曲がってしまい作業性が悪い。

箱は出来た、この時点で一人で運ぶのがぎりぎりのサイズ。

仕事場ではすでに邪魔物扱い。
今後、いかに隠しながら作るかがテーマになる

ハッチとかは地道に持てる大きさに分けてすこしづつ形を作る。

なぜなら、重くて持てないから。
何回も合わせたりするから腰にくる。
年とかじゃなくて。

ちょっと細かいところも作る。

図面はパーツ単位で出してくる。
模型からの採寸も参考にしてる。

まず、首の辺り面を作っておいて、、

大体の感じで鉄板を曲げる。

あてて見る。
形のあっていないところを覚えて、また曲げる。
大体、4〜5回繰り返す。
下手だとずーっと終わらない。

だんだん増えてくる。
全体に渡って、基本的な作業はこんな感じ。

切ったりもする。
綺麗。

続きを読む

戻る