根性試し
1/1スコープドッグ   ブルーティッシュドッグ



一月。
大晦日の格闘技テレビを堪能して、元旦からお仕事。
ここ数年は、このパターンで年越し。

数年前には、やはりこのパターンで仕事をして、正月三日で取り付け。
そして、現場のビル全体のブレーカーを落すという失態を演じ、
危うく***万単位の賠償をするところだった。(地下の汚水ポンプが
いってしまうと、地下が汚水につかると散々脅された。)

正月の仕事は浮かれているわけではないが鬼門だ。

今年は、年末に既に死にかけたので厄払いは終っていると意気揚々。

さて本題。

なんだかんだと、一月も前半は別件の仕事だったので半月分なんだけど、、
結構、がんばった。
ロボが作れなかったのでそれなりにストレス溜まっていたのでね。

左腕。
今回は長いよ。

ガトリングガン。
ロボの片腕はドリルか武器だと思う。
手を作るのが面倒とかは置いといて。
一度、漫画のコブラになった夢を見たことがあるんだけど、
なぜか両腕がサイコガンになっていて、とても不便な思いをした。

片手は普通の手がいいよ、やはり。

まずは、本体のパイプ部分を作る。
買えば簡単だけど、節約の方向で。
手間賃を考えれば絶対に買った方が安いんだけど。

そして、作り終わった後に、雪のなかからほぼ同じ径のパイプの切れ端を発見。
愕然。
今年一年を占う感じの、嫌な出来事。

銃身の方は素直にパイプを切り出す。
これまた、径のピッタリなパイプが在庫にあった。

お次は火に鉄棒を入れて。

叩きまくる。

叩くだけではかったるいので、切ったり張ったりもする。

削る。

結構な時間をがんばり続けると、出来上がる。

いつもどおり、ちまちまと箱組。

色々とつけて

くっつける。

数ヶ月ほったらかしだった、肩のパーツも再開。

二の腕も作る。

肩アーマーも。
ここいら辺の一度作ったものは、面白くないからやる気を出すのに苦労はする。
今日やれば、明日はやらなくていい、、と自分に言い聞かせる。
10時を越えた辺りから、寒さで思考が鈍ってくるので煩悩抜きで仕事ができるから、
進みは早い。
そういう意味では、一日の時間の使い方は重要。

肘の関節。

細かい部品。

あわせるとこんな感じになる。

曲げて

あわせて、、
また曲げて、、、、

まとめるとほぼ出来上がり。

試しに腕を降ろしてみる。

仮組。
またも直しを決意。
仮組も時間と体力を使うので、なかなかキツイ。

まぁ、迫力はあるからOK。
つっても、実物はこの写真の印象ほどはでかくない。
ちょっとさみしい。

爪がちょっと曲がっていた。
真ん中にジャッキをかませて、修正したいところをバーナーであぶる。
割と簡単に治る。

あとは、追加ディテール。

作業は二月に持ち越し。

続きを読む。

戻る

yy