根性試し
1/1スコープドッグ   ブルーティッシュドッグ



ヘルメット続き。
時は2005年冬のワンフェスの搬入前日。
アトリエの周辺では、皮が買えないのであえなくこの日程。
不便この上なし。

前回でここまで出来ているので、あとは仕上げ。
表面に一ミリの皮を張りこむ。

皮は一枚で全部は無理なので、数枚に分けるためにつなぎ目が出来てしまう。
それを見越して、適当な位置に当たりをつける。

接着剤のG-17というのを塗る。
指で伸ばすのだけれども、指に付いた汚れはなかなか取れない。
大体、次の日は右手をポケットから出さずに買い物をする羽目になる。

貼り込み。
貼る皮はあらかじめぬるま湯で濡らしておく。
なかなか楽しい作業。

先に決めたラインでカット。

横も同じように。
今回の分割したのは5パーツ。
貼った皮の表面に接着剤をつけると、色が染まらなくなるので気を使う。

出来上がり。
つなぎ目をどうするかというと、、

なんにもしない。
ゴーグルのベルトに隠れる位置にしてある。

その後にディテールやら塗装やらをする。

かなり、自分好みのデザイン。

一応、呼吸のためのホースも付いている事だし、気密性のあるヘルメットだと思うので、

首周りにホックをつけてみた。

結構、気密性が高い。
呼吸ホースもバイザー?にも穴は開いていないので、試しにかぶるとかなり息苦しい。
曇ってなんにも見えなくなるし。

ゴーグルの留め。
昔、ユーレイルパスというヨーロッパの電車乗り放題パスを買って放浪していたときに、
ベルギーの蚤の市でみつけたガスマスクの部品を使用。
一個200円くらいだったので10個くらい買っておいた。
お土産に配ったりもしたのだけれど、女性にはとかく不評だった。

続きを読む。

戻る

yy