キックマシーンを作るその2

 

普通の企業ならば、出すはずのないGOが出た。

まずは恒例の模型作りで、



こんな感じに。
これも問題なしってことで、実物制作へ。
そして、知らぬ場所で、名前も決定。
カストロール1号。
ダサくは、、、無いと、自分を騙す事に成功。
がんばるぜ。

さて、なにから始めるか、、、ということで、
ヤフオクで、バッテリーフォークを購入。



20万円也
思うところがあって、後輪が1輪の三輪仕様。
値段の割に程度も良く、ますますヤフオク眼が冴えてきた感じ。



早速バラす。


見切り発車で買ってみたフォークだったが、前輪がタイヤ毎にモーターが
付いている、ベストな仕様。
このまま前足に付けるだけで走れるじゃないか。
これは運がいい、、最先いいな。

早速、前足作ってモーターを仕込む。



配線や、油圧の回路。
こればっかりは、慎重にメモをとりながら。
一旦分からなくなるとエラいことになる。



フォークのバッテリーがこんなにデカイとは思わなかった。
重量も500キロ以上はある感じ。
甘くみてた。



もはや、フォークの面影無し。
フレームを組んで、バッテリー搭載。
足にモーターもついてるから、走れるはず。

ラジコン作ってるみたいで楽しいな、、、
子供の頃は、ラジコン作ってみたかったけど、高くて買った事なかったんだ。



作業的には前後するけど、使う予定のエンジンユニットを載せてみる。

走行テスト。



普通に動くじゃんか。
やったぜ。


続きを読む 

戻る