キックマシーンを作る

 


2009年春の某日。

前年にデカイ仕事を終えて一段落。
なんとなく、今年は仕事がこないという予感があり、自宅建設を決意。
フリーの仕事は波があるので、余裕のある内に住処させ確保すれば、
ヤバくなっても野菜とか作って生きて行けるだろう、、と。

そんな事で、



穴を掘り、鉄筋を組んで家の基礎を作り、棟上までできた辺りで、
久しぶりの知り合いから電話が入った。

「サッカーボールを時速300キロで蹴るマシーンって作れます?」
この人はいったい何を言ってるのだろうと思いつつ。
「やればできるんじゃない?」と、素直にお返事。

そんな話を忘れて、屋根が出来上がりかけてきた頃。
作ってくれという連絡が。

聞けば、2010年のワールドカップの為のものらしい。
そしてクライアントは、オイルのカストロール社。
正直、下手すれば死人すらでそうなこの企画、まさかスタートするとは。

出来ると言ったのは自分だしな。

そんなこんなで、考え始めるも、ワールドカップつったらあと一年弱。
ゆっくり考えてる暇も無さそうなので、デザイン含めた検討を始める。
オイル会社なので、エンジン駆動はマストの条件らしい。
ならばだ。



こんな感じで、エンジンでフライホイール回して、、、
クラッチでガツっと蹴り足を動かして、、、
バイーンとボールを蹴ったら、蹴り足をダンパーで止める、、と。
ダンパーで止められなかったら、オレ死ぬな、、、

そう思いつつも模型でデザインも進めてみる。



デザイン的にはかなり好み。
産業革命バンザイ的な。

かなりの手応えを感じつつ、機構には不安を感じつつ。
カストロールに提示してみた。

”エンジンは車のがイイナー”
”もっとロボットっぽいのがイイナー”
”もっと最新式っぽいのがイイナー”
全然コンセプト逆やんけ。
最初にちゃんと言えや、、、とは、心にも思わずに、改めて構想を練る。

どっちにしろ、彼らの意見を全部聞いて、時速300キロなんざ、
予算も時間も絶対的に足りない。

ここはやはり、自分が作りたい方向で考えるべきだ。

例えば



いっそ自走だ。
サッカーなんだから、ゴールまでは自分で走るべきだ。
ロボットはいいけど、人は乗せたい。
というか、オレ乗ってみたい。



移動のヴィークルモードから、キックモードに変形。



そして蹴る。
ついでに、蹴るのはエンジンだけど、本体走行はバッテリー駆動。
エコロジーなどという生易しいものではなく、局地戦でのシュートを見据えた、
噂のハイブリッドシステム。

ここまでぶち上げれば、文句も出んだろう、、、と。

結果。
カストロールジャパンの、イギリス人社長大絶賛。
だったらしい。

もう予算とか言ってる場合じゃないな。
儲けはさておき、日本の根性みせたるぜ。

続きを読む 

戻る