鉄と仕事
アトリエ紹介
ギャラリー
イベント
ショップ
ノーコメント
施工例
製作までの流れ
建築家の方へ
会社概要


「鉄と仕事」では、鍛造、鍛鉄、鉄にまつわる話などを交え、私どもの仕事をすこしずつ紹介していきます。



鍛冶屋の道具ってどこに売っているのでしょう。
例えばペンチの類はホームセンターでもあるでしょうし、彫金のお店にいけば比較的小さな道具は簡単に購入できます。

我々の使うものはそれよりも大きいものがほとんどですし、作るものにあわせ加工したり作ったりもします。
今回は、ハシ(ヤットコ)の作り方を紹介してみます。

こんな形のものを製作します。

はじめはいつでも火の中から。

叩いて、ヤットコの形にしていきます。

アンビル(金床)の角を利用して先の平たい部分を叩き出します。


叩く面を変え、更に叩きます。

このような形で、2方向(矢印の方向)から潰して、ヤットコの形にしていきます。

ヤットコらしくなりました。

これを左右一組、二パーツ作ります。

そして、柄の部分はある程度細くないと使いにくいので、、、

鍛造機(エアハンマー)で叩き伸ばしながら丸くしていきます。

写真では打ち終わりに段階なので鉄は黒いですが、もちろん赤い内に叩きます。
十分な長さ分を丸める為には、数回にわけて曽於つど火にくべて叩きます。

もう、りっぱなヤットコの部品です。

これを二本。

そして、穴を開けて、

リベットで止める

潰し過ぎれば固くて動かなくなってしまいますし、力加減が重要です。

また、このままでは噛み合せも良くありませんので熱して再度微調整をします。

実際に、挟む物の大きさのものを噛ませて叩き、最後の調整をします。

そして出来上がり。

実際には、日本国内でもこのサイズのヤットコも売ってはいますし、海外に行けば種類も豊富です。
また、製作するに当たっても、電動ドリルや溶接を使えばもっと早く簡単に作れます。

しかし、自分の作った道具で仕事をするのも楽しいものです。

また、このように形だけではなく実際に動き、使用するものを作るためには色々な工夫やコツがなければ出来い物を作るのはとてもいい練習になります。
火とハンマーがあればどんな形にもなってくれる。
これも鉄の魅力です。