鉄と仕事
アトリエ紹介
ギャラリー
イベント
ショップ
ノーコメント
施工例
製作までの流れ
建築家の方へ
会社概要


「鉄と仕事」では、鍛造、鍛鉄、鉄にまつわる話などを交え、私どもの仕事をすこしずつ紹介していきます。


鍛造(たんぞう)という仕事。
建築などの用語としては鍛鉄(たんてつ)とも呼ばれます。


鍛造とはあまり聞きなれない言葉だと思います。
鉄を鍛える、いかにもいかつい感じに聞こえますが、鉄は、、、
実は柔らかいんです。

鉄は熱いうちに打て、これが基本でもありすべてです。

ここではこんな私どもの仕事をすこしずつ紹介します。



アンビル(金床)と炉


兎にも角にも、、まずは暖める。すべてここから始まります。



燃料はコークス。

石炭を1000度で蒸し焼きにしたもので、鉄の仕事には欠かせない物です。
炉は自作です、結構ノウハウがあったりします。



コークス炉は1000度を越えます。

通常の作業では800〜900度くらいまで鉄を熱して叩いたり、曲げたりします。
鉄は硬い!というイメージがありますが、こうなってしまえば
私たちにとっては粘土のように自由なものになります。

試しに、ねじってみましょう。


万力で端を固定して、、、



こんな道具を使って、、、



ねじる!

それほど力は必要ありません。



出来上がり。


これが、熱をかけて形をつくるという鉄の基本です。

次回から少しずつ、鍛造、叩いて作るということを紹介したいと思います。

→つづきを読む